スポーツや芸能裏話のスクープ情報など

スポーツ・芸能裏話スクープ

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.02.25 Thursday | - | - |
[ HOMEスポーツ 野球 > 「吉田えり」女子高生プロ野球選手誕生か!? ]

「吉田えり」女子高生プロ野球選手誕生か!?

< 「吉田えり」女子高生プロ野球選手誕生か!?の記事はココから >
JUGEMテーマ:スポーツ

 いま、大変な話題になっているプロ野球ですが、またまたそのプロ野球を沸かせそうな人材が登場しそうなのである。
皆さんもご存知だとは思いますが、プロ野球選手になるためには、プロ野球の選考会と言うのが有りまして、その審査に合格しなければプロ野球選手になる事は出来ませんよね。
その、審査と言うのも一回だけではないですから、そのたびそのたびの審査に合格しなければいけないのです。
そこで、こんかい行われたプロの一時審査の合格者の中には、なんと二名の女性選手が居たそうなのです。
まず一人目は、前田智子(28歳)で女子実業団ソフトボールのトップ選手だそうです。
そして二人目が、吉田えりさん(16歳)という女子高生のようなのです。
万が一、この吉田えりがプロ野球選手にでもなってしまったら、これはもぉ〜本当に凄い事ですよねぇ〜!
若い女性が二人もプロ野球に・・・そしてその中の一人は女子高生だ・・・ときたらマスコミ各社も放ってはおかないでしょうね。
とにかく、見ているほうもプロ野球を見る目が変わってくるのではないでしょうかね・・・。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3884490/

来年発足の関西独立リーグに、女子プロ野球選手誕生の可能性が出てきたようである。
2日、スカイマークのサブ球場で同リーグの合同トライアウトが行われ、約400人が受験した。
1次審査に146人が合格したが、女子実業団ソフトボールのトップ選手の前田智子さん=太陽誘電=と、ナックルボーラーの吉田えりさん=川崎北高=の女性2人が入ったそうなのである。
テストは3日間行われ、合格者は11月16日の分配ドラフトにかけられるのだ。
赤い短パン姿で軽やかな身のこなしをアピールしたのは、前田智子さんだった。
女子ソフト1部リーグの06年打点王で、今季も本塁打と打点のチーム2冠を達成。
北京五輪で金メダルを獲得した上野(ルネサス高崎)から「ホームランを打ったこともある」という実力者なのだ。
実業団10年目の今季で引退を決意し「人生の賭けに出ました」と見事に第1次試験をクリアしたそうなのだ。
また、ブルペンでは童顔の女子高生吉田えりが、サイドからのナックルボールを多投し、審査員の目を奪ったのだとか。
「まさか合格するとは思わなかった」と驚きの笑顔を見せたが、視察した神戸9クルーズ・中田良弘監督は「キャッチャーが捕れないほど球が揺れていた。変則的でなかなか楽しみな存在」と高い評価のようである。
女子プロ野球選手は1950年代に存在したが、男子プロに交じってのプレーが実現すれば史上初である。
3日の実戦テストに注目が集まるのは間違いないであろう。
< 「吉田えり」女子高生プロ野球選手誕生か!?の記事の続きはココから >
< 「吉田えり」女子高生プロ野球選手誕生か!?の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2008.11.03 Monday 15:03 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEスポーツ 野球 > 隣県対決となった一戦、高校野球選手権7日目速報! ]

隣県対決となった一戦、高校野球選手権7日目速報!

< 隣県対決となった一戦、高校野球選手権7日目速報!の記事はココから >
今日の、第89回全国高校野球選手権大会7日目の試合も、本日の猛暑に追い討ちをかけるように、熱い展開が繰り広げられましたね。
第一試合目から、3時間を越える延長戦になり、高校野球ならではの熱気あるプレーが行われていたようです。
また、本日で第89回全国高校野球選手権大会の出場校全校が、甲子園に出揃うと言う事もあり、さらに熱気を見せていたようである。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3267808/
 第89回全国高校野球選手権大会は14日、7日目の試合を阪神甲子園球場で行う。桐光学園(神奈川)-日南学園(宮崎)、前橋商(群馬)-浦和学院(埼玉)、宇治山田商(三重)-佐賀北(佐賀)、興南(沖縄)-文星芸大付(栃木)の全4試合。今日で出場校全校が甲子園に出揃う。

[第1試合] 桐光学園(神奈川)9-6日南学園(宮崎)
桐光が1回裏に先制点を上げ、4回裏に得点を追加し日南を突き放す。しかし、5回表に守備のミスを突かれ同点に。以降両校とも得点圏に選手は進めるものの、なかなか追加点は得られず延長戦に。10回表に日南は3点をあげ一気に突き放す。しかし、その裏に桐光も連打で同点に追い付く。11回2アウトから中本が勝ち越しのホームランを打つと、打線が爆発し4点を追加。桐光は1点を返したが追い付けず、3時間を超える熱闘は日南学園に軍配が上がった。

[第2試合] 前橋商(群馬)2-1 浦和学院(埼玉)
両校、強打を誇るチーム同士だけに打撃戦が予想されたが、1点を争う息詰まるゲーム展開に。試合は前橋商の投手・佐々木の力投と自らの一打で勝ち越した1点を守りきる活躍を見せて、隣県対決となった一戦は群馬の前橋商が制した。
< 隣県対決となった一戦、高校野球選手権7日目速報!の記事の続きはココから >
< 隣県対決となった一戦、高校野球選手権7日目速報!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2007.08.14 Tuesday 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOMEスポーツ 野球 > 京都外大西が延長で常総学院を下す! ]

京都外大西が延長で常総学院を下す!

< 京都外大西が延長で常総学院を下す!の記事はココから >
第89回全国高校野球選手権大会の6日目の第一試合、常総学院 対 京都外大西 の試合は、大白熱の試合でしたねぇ〜。
まさに、これこそ高校野球・・・夏の甲子園・・・と、言わんばかりの試合でした。
私も、自宅のテレビで試合を見ていたのですが、延長戦に入ってからは、額からの汗だけではなく、手に平にも汗が出てきましたからねぇ〜・・・
結果は、京都代表の京都外大西が勝ったのですが、常連高校の茨城代表の常総学院の粘りにも感服しましたね。
本当に、手に汗握る試合を「ありがとう・・・」と、暑い夏に頑張っている高校球児たちに言いたいですね。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3267101/
第89回全国高校野球選手権大会の6日目は13日、阪神甲子園球場で常総学院(茨城)−京都外大西(京都) 、徳島商(徳島)−開星(島根)、楊志館(大分)−高知(高知)、常葉菊川(静岡) × 日大山形(山形) の4試合を開催。詳細は下記のとおりだ。

[第1試合] 常総学院(茨城) 3 - 5 京都外大西(京都)

第1試合は激戦に。延長12回を戦ったすえ、京都外大西(京都)が5−3で常総学院(茨城)を下して3回戦に進出。両校無得点のまま延長に突入した試合は、10回以降、にわかに点を取り合いとなる。3−3で迎えた12回表、京都外大西は一死二、三塁から内野安打と犠飛で2点を勝ち越し。常総学院は10回、11回と2度も同点に追いつく粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。
< 京都外大西が延長で常総学院を下す!の記事の続きはココから >
< 京都外大西が延長で常総学院を下す!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2007.08.13 Monday 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOMEスポーツ 野球 > 夏の甲子園 初出場校同士の一戦は神村学園に軍配! ]

夏の甲子園 初出場校同士の一戦は神村学園に軍配!

< 夏の甲子園 初出場校同士の一戦は神村学園に軍配!の記事はココから >
暑い、暑い夏の、熱い、熱い甲子園での高校球児たちの戦いも、大会三日目を迎えて、徐々に熱気を増してきましたねぇ〜。
私は、今年の夏の甲子園でどんなスターが誕生するのかを、楽しみにしています。
これからの、高校球児たちの戦いが楽しみですね。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3264025/
第89回全国高校野球選手権大会の2日目は10日、阪神甲子園球場で駒大岩見沢(北北海道)-帝京(東東京)、神村学園(鹿児島)-金光大阪(大阪)、甲府商(山梨)-境(鳥取)、花巻東(岩手)新潟明訓(新潟)が行われる。

■第一試合 駒大岩見沢(北北海道)1-7 帝京(東東京)
どちらも攻撃力に定評のある駒大岩見沢と帝京が激突。地区大会の1試合平均得点が8点という強力打線を誇る駒大岩見沢は初回に先制。帝京の前田監督は先発・大田を12球で下げ、垣ヶ原に変える。この継投が上手く行き強力打線は沈黙。
“帝京のゴジラ”中村は不発だったが、4回表に5得点をあげるなど持ち前の打線が爆発。7-1で駒田岩見沢を下した。

■第二試合 神村学園(鹿児島)6-3 金光大阪(大阪)
共に初出場となる神村学園-金光大阪。試合序盤は投手戦となり一進一退の攻防が続く。4回裏、金光大阪・小松のタイムリーを皮切りに得点をあげると、続く5回にも得点を重ね3点のリード。しかし、6回表にこれまで好調だった金光大阪投手・上松が捕まってしまい、逆転されてしまう。その後も神村学園の東、小原の活躍によって得点を重ね、6-3で神村学園が金光大阪を下した。
< 夏の甲子園 初出場校同士の一戦は神村学園に軍配!の記事の続きはココから >
< 夏の甲子園 初出場校同士の一戦は神村学園に軍配!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2007.08.10 Friday 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
[ HOMEスポーツ 野球 > いよいよ甲子園開幕! ]

いよいよ甲子園開幕!

< いよいよ甲子園開幕!の記事はココから >
最近、毎日がじめじめと暑くて気分が悪くなってきますよね。
この暑い夏に、またひときは日本中を熱気に包むような大きな大会がスタートします。
そぉ〜です。
高校球児の真夏の祭典である、第89回全国高校野球選手権大会が本日から開幕です。
毎年、この大会では人気の高校球児が出てきておりますが、今大会ではどんな選手たちが、球団関係者の心を掴み、どんな高校球児がおば様たちの心を射止めるのか・・・と、言う事も楽しみな所でもありますよね。
とにかく、高校球児の皆さん・・・暑さに負けず力いっぱいガンバレ〜!

記事引用(ヤフースポーツニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070808-00000022-sanspo-spo
 
(第89回全国高校野球選手権大会、8日開幕、甲子園)高校球児の真夏の祭典が、いよいよ8日に開幕する。7日は開会式リハーサルが行われ、49代表にも緊張感がみなぎった。初日に登場する市船橋(千葉)はともに1メートル85の“ツインタワー”山崎正貴、岩崎翔の両投手(ともに3年)が甲子園史上初の「150キロリレー」を狙う。

 ポタッ、ポタッ…。汗がしたたり落ちる。兵庫・西宮市内の球場で約2時間の練習を行った市船橋。ブルペンでは岩崎、山崎の両投手が約30球の投球で本番に備えた。

 実はこの2人が注目の「豪腕ツインズ」だ。甲子園史上初の同一チーム2投手による“150キロリレー”を狙う。

 「スピードを意識すると力んじゃうんで…。意識しない中で150キロが出たらいいですね。ひそかな目標です」と最速149キロの岩崎。春から内転筋など下半身を鍛えた結果、球速は137キロから大台まであと1キロのところまで伸びた。

 一方、2年春に投手に転向し、岩崎と競うように成長したのが山崎。負けず嫌いの性格で、最速は145キロをマーク。「まだ(150キロまで)5キロもあるんで…。もし岩崎が記録したら、自分も自己記録を更新して近づきたいです」と“ライバル心”メラメラ。150キロ突破に意欲をみせる。

 2人とも1メートル85の大型右腕。千葉大会は2枚看板の継投で勝ち上がった。「2人とも調子がよくて、どっちを使うか迷います」と桜内剛監督もうれしい悲鳴だ。

 夏の甲子園で過去に150キロ以上をマークしたのは5人。聖地で史上初の1校2投手の大台超えという快挙を目指して“ツインタワー”が、大会初日の第3試合、文星芸大付戦に登場する。
< いよいよ甲子園開幕!の記事の続きはココから >
< いよいよ甲子園開幕!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2007.08.08 Wednesday 09:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
[ HOMEスポーツ 野球 > イチロー、大リーグ通算1500安打をスピード達成! ]

イチロー、大リーグ通算1500安打をスピード達成!

< イチロー、大リーグ通算1500安打をスピード達成!の記事はココから >
今や、日本だけでは無く、全米までもにぎわせている米大リーグ、マリナーズのイチロー選手が、またスピード記録の達成を、やってのけたようだ。
この記録は、試合総数での安打総数の記録で、この記録は米大リーグでも3番目となるスピード記録だそうだ。
しかも、7回の安打はバントヒット・・・と言うから、驚きでありますね。
足の早さには定評の有る、イチロー選手・・・今後は、どんな記録を達成していくのかが楽しみである。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3249921/
【シアトル29日AFP=時事】米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は29日、当地で行われたアスレチックス戦で大リーグ通算1500安打を記録した。2回に中前打を放って記録を達成し、7回にも1501安打目となるバントヒットを決めた。
 1060試合での1500安打達成は史上3番目の記録。アル・シモンズが1040試合で、ジョージ・シスラーが1048試合で達成している。
 イチローは2001年に大リーグ入りし、その年にア・リーグの最優秀選手(MVP)に選ばれた。大リーグ入り以来、毎年オールスター戦出場、ゴールドグラブ賞受賞を誇り、今年のオールスターではMVPに選ばれた。
 04年に大リーグ記録となる年間最多の262安打をマークするなど、首位打者を2回獲得している。7年間通算で171二塁打、54三塁打、66本塁打、402打点、262盗塁。〔AFP=時事〕〔AFP=時事〕
< イチロー、大リーグ通算1500安打をスピード達成!の記事の続きはココから >
< イチロー、大リーグ通算1500安打をスピード達成!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2007.07.30 Monday 14:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
[ HOMEスポーツ 野球 > 甲子園ポスター、今年は南沢奈央に決定! ]

甲子園ポスター、今年は南沢奈央に決定!

< 甲子園ポスター、今年は南沢奈央に決定!の記事はココから >

今年も、もう少しで高校球児の暑い夏が始まります。
この今年の夏の第89回全国高校野球選手権大会を応援する為に第28回ビクター・甲子園ポスターキャンペーンの発表会が23日、都内ホテルで行われました。
第28回ビクター・甲子園ポスターキャンペーンモデルに選ばれたのは、女優の南沢奈央(17歳)だ。
同キャンペーンモデル・・・過去には酒井法子、菅野美穂、上戸彩、石原さとみ、戸田恵梨香ら人気有名女優が選ばれていると言う事も有り、南沢奈央自身も「高校球児達のマネージャーの気分で応援します」と、意気込みを見せているようだ。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3241923/

「第89回全国高校野球選手権大会」を応援する第28回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンの記者発表会が23日、都内ホテルで行われ、モデルに選ばれた女優の南沢奈央が出席。高校球児にエールを送った。

 17歳の南沢は、同ポスターで高校の野球部のマネージャー役を演じており、大会中も「マネージャーの気分で応援します」と意気込んだ。また、自身もスポーツが大好きといい、「スポーツしているときは、男に負けないくらい元気です」と意外な一面をのぞかせていた。

 早実の斎藤と駒大苫小牧の田中が死闘を演じた昨年の第88回大会は、イギリスへ短期留学中で観ていなかったというが、「でも、周りの人に聞いて知っています。同年代であれだけの実力があってすごい。刺激を受けています」と話していた。

 同キャンペーンは、歴代モデルに酒井法子、菅野美穂、上戸彩、石原さとみ、戸田恵梨香ら人気女優が名を連ねており、若手女優の登竜門のようになっている。南沢は、「黒木メイサさんに憧れて、この世界に入ったので、ぜひ共演してみたい」と夢を語った。
< 甲子園ポスター、今年は南沢奈央に決定!の記事の続きはココから >
< 甲子園ポスター、今年は南沢奈央に決定!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2007.07.24 Tuesday 07:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
[ HOMEスポーツ 野球 > 駒大苫小牧高校が5年連続7度目の夏の甲子園出場 ]

駒大苫小牧高校が5年連続7度目の夏の甲子園出場

< 駒大苫小牧高校が5年連続7度目の夏の甲子園出場の記事はココから >
マー君こと、楽天の田中将大投手の母校である、
北海道の駒大苫小牧高校が5年連続7度目の夏の甲子園出場を決めたそうだ。
オールスターでは直球勝負で散々な目にあってしまったマー君だが、
母校の甲子園出場に援護されて、ペナントレース後半戦は活躍が期待できそうだ。

引用記事ライブドアスポーツ
(http://news.livedoor.com/article/detail/3241673/)

全国高校野球地方大会は22日、44大会で294試合が行われ、南北海道では昨夏の甲子園大会準優勝の駒大苫小牧が、応援に駆け付けた昨年のエース、楽天・田中将大投手(18)の前で、5年連続7度目の出場を決めた。秋田は金足農が6年ぶり5度目の出場。神奈川大会では東海大相模が16強入り。エース菅野智之投手(3年)が9回を2安打、全員奪三振の14Kの好投だった。長崎では長崎日大が昨年の選抜大会準優勝の清峰に逆転勝ちし、長崎北とともに決勝に進んだ。
 23日には地震の影響で中断していた新潟大会が再開する。
 昨夏の甲子園を沸かせた絶対的なエース“田中”が抜けても、駒大苫小牧は強力だった。函館工を15-0で下す圧勝。5年連続での甲子園切符をつかんだ選手たちは、グラウンドで喜びを爆発させた。
 初回から打線が威力を発揮した。相手の失策を見逃さず長短打を絡めて3点を先取。その後も18安打を浴びせて、大量15点を奪った。投手陣も対馬、久田、片山の3投手が完封リレーを完成させた。
 頼もしい後輩たちの姿に、関係者席から戦況を見つめた田中は誇らしそうに「打線がつながるし、走塁意識も高いですね。甲子園でも結構戦えるんじゃないですか」。大舞台でのチームの快進撃に太鼓判を押した。
 前日は初の球宴に登板し、深夜までテレビの生出演をこなした。疲れもあるが、わずか1日の“夏休み”を利用し、早朝に北海道入りし、決勝戦の応援に駆けつけた。「どういうふうに成長しているか楽しみにしていましたけど、一冬越してたくましくなってますね」と感心しきりだ。
 新チームは、昨年の秋季大会ではコールド負けも喫したが、メキメキと力をつけて、勝ち上がってきた。「田中のような選手はいないが、昨年の偉大な先輩を受け継いでやってきたチームですから、もう一度チャレンジしたい」。香田監督は、昨年、田中が成し遂げられなかった全国制覇を誓った。
 母校の観戦を終えたマー君は、23日の後半戦前日練習に参加する。球宴出場組は練習免除だったが、後輩たちの姿に刺激を受けて参加を志願。「自分も後輩の頑張ってる姿を見て励みになりました。後半戦も頑張りたい」。球宴から中6日で登板する27日のオリックス戦先発に向け、早くも気合を入れていた。
< 駒大苫小牧高校が5年連続7度目の夏の甲子園出場の記事の続きはココから >
< 駒大苫小牧高校が5年連続7度目の夏の甲子園出場の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ 野球 | 2007.07.23 Monday 12:34 | comments(0) | trackbacks(1) |

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

スポーツ,芸能,ニュース,裏話,スクープ,バスケットボール