スポーツや芸能裏話のスクープ情報など

スポーツ・芸能裏話スクープ

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.02.25 Thursday | - | - |
[ HOMEスポーツ ボクシング > 内藤大助 VS 亀田大毅 チャンピオン今夜、決定!! ]

内藤大助 VS 亀田大毅 チャンピオン今夜、決定!!

< 内藤大助 VS 亀田大毅 チャンピオン今夜、決定!!の記事はココから >
内藤大助 VS 亀田大毅の対決が、いよいよ今夜、始まりますねぇ〜。
この内藤大助 VS 亀田大毅の、世間やマスコミを賑わわせた因縁の対決が、今夜、実現するのです。 
内藤大助は、今年の7月に3度目となる世界挑戦で、WBC世界フライ級チャンピオンのベルトをつかんだ人生経験も豊かな苦労を知っている努力家。
いっぽう、挑戦者の亀田大毅は、亀田家、亀田兄弟の二男で、今までの対戦成績では、無敗を誇るハードパンチャーの持ち主なのです。
「大毅を倒すのは、国民の期待」と、語った王者である内藤大助のプライドが爆発するのか?はたまた、史上最年少での世界王者を狙っている亀田大毅が、無敗記録を更新するのであろうか? 
まぁ、どちらが勝っても、明日のスポーツ紙は、この話題で持ちきりのような気がしますね。
そして、この試合では試合を見に来ている、観客同士の乱闘を予想して、観客にも保険が掛けられている・・・なんて言う話も耳にしておりますが・・・
何だか、大変な事になりそうな予感がするのは、私だけでしょうかねぇ〜。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3339698/
試合前日の舌戦は王者・内藤大助(33=宮田)が、亀田大毅(18=協栄)に判定勝ちした。
WBCフライ級タイトルマッチの調印式が10日、東京・文京区の後楽園飯店で行われた。会場には長男・興毅(20=協栄)、三男・和毅(16)が乱入。
トレーナーの父・史郎氏(42)を合わせた亀田ファミリーと内藤は最後の舌戦を終え、11日のゴング(午後7時55分予定)を待つだけになった。
前日計量では両選手ともにリミットの50・8キロで一発パスした。
口火を切ったのは興毅だった。
大毅とともに突然、会場に現れ、報道陣席の内藤のほぼ正面でにらみを利かせていた長男が、会見のスタートとともに仕掛けた。
大毅選手へのメッセージは?との質問に内藤が「ないです」と答えた直後、「国民の期待に応えたれや」と突っ込んだ。
内藤陣営が作ったポスターに使われている「国民の期待」のフレーズ。
内藤が「オレ、記者会見してんだから。何で怒ってんの」と返して雰囲気は一気に険悪になった。
会見後の計量では、大毅がツーショットの写真撮影と握手を一方的に拒否。報道陣を振り払うように会場を後にした。
残った内藤はゆっくりと水分を補給。
「頭にくるかと思ったけど、家族愛を感じた」と振り返った。
いきり立つ18歳の挑戦者と泰然自若を貫く33歳の王者。
前哨戦の軍配は誰の目にも明らかだった。
< 内藤大助 VS 亀田大毅 チャンピオン今夜、決定!!の記事の続きはココから >
< 内藤大助 VS 亀田大毅 チャンピオン今夜、決定!!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ ボクシング | 2007.10.11 Thursday 16:43 | - | trackbacks(0) |
[ HOMEスポーツ ボクシング > “浪速の弁慶”亀田大毅が挑戦状! ]

“浪速の弁慶”亀田大毅が挑戦状!

< “浪速の弁慶”亀田大毅が挑戦状!の記事はココから >
浪速の弁慶こと亀田大毅は、昭和64年1月6日、大阪・西成区生まれた。
協栄ジムに所属しており、ボクシング一家として有名な「亀田3兄弟」の次男でもある。
小学5年生でボクシングを始め、04年5月、15歳4カ月の史上最年少で全日本実業団選手権バンタム級優勝を果たしている。
06年には、B級プロテストを受験して合格し、プロでビューとなる。
亀田大毅のニックネームは「浪速の弁慶」である。
試合中、試合後のパフォーマンスの高さも、亀田大毅の人気の一つでもあるようだ。

記事引用(ライブドアスポーツニュース)
http://news.livedoor.com/topics/detail/3248558/
ボクシング・フライ級ノンタイトル戦10回戦(7月28日・有明コロシアム)、坂田、かかってこんかい!“浪速の弁慶”亀田大毅(18)=協栄=が27日、WBA世界フライ級王者・坂田健史(27)=協栄=に挑戦状をたたきつけた。大毅は28日のテレビ解説を務める先輩・坂田に対して「ベルトを持ってこい!」と挑発し、試合後のリングで“世界戦”を行うという仰天要求。兄・興毅と坂田への挑戦権を争うが、早くもヒートアップして宣戦布告した。なお前日計量は、大毅、興毅ともに一発でパスした。
 大毅が吠(ほ)えた。会見の席で珍しく語気を荒らげ、ジムの先輩である世界王者に向けて言い放った。「解説するなら、リングに上がってこいや。戦ったるで。体重はそのまんまでええからベルトを持ってこい。俺の試合が終わったら、すぐにやったるで」。査定マッチを前に、いきなり坂田に宣戦布告した。
 坂田への挑戦権をかけた28日の試合で、標的とされる坂田本人が解説を務める。血気盛んな18歳は、“査定”の結果など待ってはいられない。28日のリングで快勝後、坂田と決着をつけるつもりだ。単なる挑発でもパフォーマンスでもなく、大毅の現在の心境をストレートに表現していた。
 もちろん、興毅との“兄弟対決”に勝つ自信がある。大毅は言う。「ボクシングは実力の世界。実力がある方が上に行く。兄弟は関係あらへん。俺が世界戦をやらせてもらう」。大毅にとって興毅は兄であり、ライバルでもある。そのライバルが同席した会見で、平然と勝利を宣言した。
 28日はメーンを務める興毅の2試合前にリングに上がる。査定を行う父・史郎氏(42)をはじめ、坂田、ファンに対してもアピールが必要となる。「KOして挑戦権を俺がもらう。きっちりKOするで。俺にはこれしかあらへんからな」。まずはリングの上で結果を残し、坂田に挑む。
< “浪速の弁慶”亀田大毅が挑戦状!の記事の続きはココから >
< “浪速の弁慶”亀田大毅が挑戦状!の記事はココまで >
| カテゴリ : スポーツ ボクシング | 2007.07.28 Saturday 12:09 | comments(1) | trackbacks(0) |

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

スポーツ,芸能,ニュース,裏話,スクープ,バスケットボール